ガス料金の節約術について

省エネということになると、電気が注目されて、その節約術とか、省エネ対応機種などに関心が集まりますが、ガスにしても省エネとして重要な項目ですから、真剣に取り組む必要があるというものです。

そこでガス料金を少しでも減らす工夫ということになりますが、最近はガス器具も省エネ対応のものがあるので、これに取り組むのがまず最初になります。

それが一段落した次は、どのガス会社を選ぶかも大事なことになります。

地方の場合はプロパンガスがほとんどで、ガスの自由化を契機に競争が激化しており、ガス料金を下げるにはどうすれば良いかなどのノウハウを伝えるとともに、契約切り替えの勧誘競争が激化しています。

ここでの注意点は、中には悪質な業者が混じっていることと詐欺まがいのことをする人たちもいるということです。

そしていよいよ使い方ということになりますが、何と言ってもガス料金はガスを使うことによって発生するので、種火などをつけ放しにしないことです。

電気の場合は、ONーOFFを頻繁に行うと、立ち上げ時に電気をたくさん使うということが言われていますが、ガスの場合は電気ほど顕著なことはないので、むしろこまめなONーOFFの方が理に適っています。

湯沸し器もそうですし、お風呂のお湯は自動にしておくと、温度が下がるたびに焚き上げるので、無駄なエネルギーが発生してしまいます。

それと床暖房にガスを使っている場合、つけ放しにしておくととんでもない金額を計上することになりかねません。

温度設定と運転時間をコントロールすることが賢明なことになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です